おすすめ映画を押し付ける

Twitterだと見づらいのでこっちでオススメ映画を語る

Harry Styles - Sign of the Times

 

 

ダンケルクつながりで昨日に引き続き。

なぜ突然Sign of the Timesの解説をするのか?と言いますと…

One Directionには興味はあまりなかったのですが、ハリスタさんをダンケルクやそのインタビュー映像をみて彼自身が気になるようになりました。そこで彼がアルバムを出したと知り、そのタイトル曲であるSign of the Timesを聞いた時、あまりにも衝撃的だったからです。

このアルバムですね。

f:id:peach3221arupaka:20171205120813j:image

 

まず曲調がクラッシックロックという点にもすごく驚き、カッコ良いなと感動しましたし、なによりこの歌詞ですよ

めっっっちゃ詩的!!!

 

詩、というものはそもそも概念が曖昧ですが詩人が詩を書くことで何をしようとしているのか?と言ったら、「時間を止めること」です。(受け売りですけどその通りだと思っています。)

なぜ時間を止めるのか?これは文学も同じことをしていると言えるのですが、時間を止めることで一度その場に立ち止まり、少し過去について、また今についてじっくり考えてみようや。っていうのが目的としているからです。

 

まあここまできたら分かると思いますが、Sign of the Timesも「時間を止めている」歌詞です。

Sign of the Times の意味ですが、時代の動向、特色、象徴、つまり時代を物語るもの を意味します。この時点でまず彼が時間(時代)という大きなものを見つめ、物事の根本に迫ろうとしていることが分かりますね。この時点で彼は時間止めちゃってます。タイトルから時間止めてますね。

そしてこの歌詞の設定としてハリスタさん自身が「子供を産んだ直後、五分しか生きられないと宣告された母親」という立場から描かれていると話していらっしゃいます。またこの歌詞のテーマは『僕たちが厳しい時を過ごすのは初めてじゃないし、これが最後でもない』とすることから描いたとも言っています。

引用: https://nme-jp.com/news/37108/

この記事初めて読んだときは本当に素晴らしい人だなと感動しました。

 

ここからは歌詞の解釈です。前置きで割と言いたいことは言い切った感じなので、和訳に解説を添える形で書いていっちゃいます。

あくまでも私の解釈ですので正しい解釈だと断言できません。歌詞を読む楽しさは自分なりに解釈していくことだと思っていますので、私の解釈も自らの解釈の参考程度にしていただければと思います。

繰り返しの和訳は省いています。

 

Just stop your crying

It's sign of the times
Welcome to the final show
Hope you're wearing your best clothes
You can't bribe the door on your way to the sky
You look pretty good down here
But you ain't really good

 

泣くのはやめて

これが時代の流れなんだから

(人はみんな死んでいくんだから、泣くのはやめて)

最後のショーへようこそ

(ちょっとよくわかんないけど、最後に母親が語りかける時間のことをショーと言ってるのかも)

一番の服を着てくているといいな

天国の道へのドアはお金で買えるわけじゃない

(良い服を着て欲しいけれど、天国への道は決してお金で買えるものじゃない)

君はここから見るとすごくかっこいいけど、本当はそうじゃない

(良い服を着てかっこよく見せていたとしても、それは本当のかっこよさじゃない)


We never learn, we been here before
Why are we always stuck and running from
The bullets? The bullets
We never learn, we been here before
Why are we always stuck and running from
The bullets? The bullets

 

私たちはここにいたって何も学んでこなかった

なぜいつも私たちは迫り来る銃弾から立ち止まっては逃げ続けているんだろう?

(おそらく銃弾は彼のいうテーマの厳しい時だと思います。また、here ここ というのは天国ではなく私たちがいるこの世。

=私たちはどうしていつも厳しい時代のなかで立ち止まっては厳しさから逃げ続けているんだろう)


Just stop your crying, it's a sign of the times
We gotta get away from here
We gotta get away from here
Just stop your crying, it'll be alright
They told me that the end is near
We gotta get away from here

 

泣くのはやめて

これが時代の流れだから

ここから逃れないといけないんだ

(厳しい時代に立ち止まり、逃げ続ける時代から逃れなくてはいけない)

泣かないで。うまくいくから。

終わりが近いと彼らは言ってる

(五分後になくなると宣告された様子)

私たちはここから逃れなきゃ

 

Just stop your crying, have the time of your life
Breaking through the atmosphere
And things are pretty good from here
Remember everything will be alright
We can meet again somewhere
Somewhere far away from here

 

泣くのはやめて。

この雰囲気から抜け出して自分の人生に自分の時間を設けなさい。

(厳しい時の中で立ち止まったり逃げたりする世の中の雰囲気から抜け出して、自分の人生の中に物事を見つけ直す時間を持ちなさい)

そしたら物事はここから良くなるよ

覚えておいて、全てうまくいく

また私たちはどこかで会える。

ここから遠いどこかで。

(おそらくどこかとは天国でしょう)


We never learn, we been here before
Why are we always stuck and running from
The bullets? The bullets
We never learn, we been here before
Why are we always stuck and running from
The bullets? The bullets


Just stop your crying, it's a sign of the times
We gotta get away from here
We gotta get away from here
Stop your crying, baby, it'll be alright
They told me that the end is near
We gotta get away from here


We never learn, we been here before
Why are we always stuck and running from
The bullets? The bullets
We never learn, we been here before
Why are we always stuck and running from
The bullets? The bullets


We don't talk enough, we should open up
Before it's all too much

Will we ever learn?

We've been here before
It's just what we know

 

私たちは十分話したわけじゃないけど、手遅れになる前に私たちは心を開くべきなんだ

私たちは学んでいくのだろうか?

前にここにきたことがある、わかってる事はそれだけ。

(繰り返される時代と不幸、これから私たちは何か学んでいくのか?わかっている事は不幸は何度も繰り返されているということだけ)


Stop your crying, baby, it's a sign of the times
We gotta get away, we got to get away
We got to get away, we got to get away
We got to get away
We got to, we got to 
We got to, we got to 
We got to, we got to 

 

 

 つまり、ここで言ってるのは人間は何度も過ちを繰り返して過去から何か学んだりしてきたのだろうか?っていう問いかけだと思います。例えば戦争を繰り返すのは過去に起こったことを学んでいないからでしょう。戦争において多くの人々が死に、国自体も大きな打撃を受けた。第二次世界大戦においては核戦争が用いられ、大きな打撃を与えた。核戦争がどれだけ恐ろしいものか、過去を見ればわかるはずなのに人々はまた戦争を起こそうとしている。次は全面的に核を用いた戦争でしょう。過去を見れば核がどれだけの被害を与えるのかわかっているのにもかかわらず。

おそらくこの歌詞でも彼は戦争について言ってるのではないにしろ、過去から学ばず同じことを繰り返し続ける世の中に対して歌っているのでしょう。だから自分の時間を持ちなさいっていうのも過去を見なさいって意味だと思います。またこの歌詞自体を書いている意味として、過去を振り返ってみようよ、って言っていると思います。